ニキビ化粧水の効果的な使い方

顔にできて待ったニキビほど対処に困るものはありません。無理につぶしてしまえば跡になってしまいますし、かといってそのままにしておいてはみっともないです。ニキビはすぐに治りませんから、日ごろからきちんとニキビ対策をしておくのが良いです。個人で手軽にできるニキビ対策としてニキビ化粧水ランキングは人気のあるスキンケア商品です。正しく使えば、絶大な効果を得られます。ですが適切でない方法で使用しても効果はいま一つです。ここではニキビ化粧水の正しい使い方について説明します。まず使用するのは、洗顔した直後が良いでしょう。洗顔をきちんと行うと顔の毛穴が一時的に広がります。その間に毛穴に浸透させなければなりません。いくらたくさんつけたからと言っても浸透していなければ、保湿効果も薄れますし意味がありません。洗顔後すぐにつけることが一番大切になってきます。そして、ニキビ化粧水は手で使用するのが良いでしょう。コットンを用いてつける方法もありますが、コットンの繊維が顔に残ったりするのでやはり、同じ肌である手を使ってつけるのがオススメです。そしてつけるときに行ってはいけないことは、顔を叩いたりこすったりしないことです。叩いたりこすったりすると目には見えない小さな傷がついてしまいそこから雑菌が入ってしまうので逆効果です。また過度の刺激によって肌がニキビを作ってしまうので、強くつけてしまってはいけないのです。適切な使用法を知ってしっかりと予防しましょう。