不動産売却は専任と一般どちらがよい?

不動産売る場合には、適当な不動産会社に仲介を依頼することになりますが、その際の契約の形態としては、大きく分けると、一般媒介契約、専任媒介契約、および専属専任媒介契約という種類があります。どちらが不動産売却にとって有利かということは一概にはいえませんが、それぞれの特徴を踏まえた有利なほうを使うのが鉄則です。
専属専任媒介契約や専任媒介契約というのは、ただひとつの不動産会社と契約をして、業務を依頼する場合のものであり、物件情報を全国的なネットワークであるレインズに登録するほか、毎週または隔週で不動産会社のほうから売主のほうに状況の定期報告があります。サービスとしては手厚いといえますが、そのかわりに、売主が不動産会社を通さずにみずから買主を見つけたり、他の不動産会社と重複して契約をするような行為が制限される場合があります。したがって、すぐには買い手がつかなそうな物件であれば、専任媒介契約などを使うと、不動産会社の宣伝などの取り組みを含めて、より充実したサービスを受けられる可能性があります。
いっぽうの一般媒介契約は、複数の不動産会社と契約をしたり、売主が直接買主を見つけてもよいため、規制がゆるいということはできますが、不動産会社には物件情報をレインズに登録する義務も、定期状況報告をする義務もないため、サービスが低下してしまうことがあります。このため、黙っていても売れるような優良物件であれば、複数の会社と契約をして、より条件のよい買取希望者を選択することができる一般媒介契約のほうが、制限が少ない分だけ有利な可能性があります。